全仏オープンベッティング2021

全仏オープンは、伝説的なローラン・ギャロスでフランスのパリのクレーで5月/6月に行われるテニスで毎年2回目のグランドスラムです。全仏オープンベッティングは一年中行うことができますが、特にトーナメントの前の月かそこらでヒートアップします。いつものように、世界のギャンブルリストは、あなたの管轄区域でライセンスされている賭けサイトを推奨しています。2020年全仏オープンのトップベッティングサイトは次のとおりです。

全仏オープンの日付とスケジュール

開始日: 2020年9月20日(メインドロー、予選開始は5月17日)
終了日: 2020年10月4日

全仏オープンスケジュール

全仏オープンのスケジュールはまだリリースされていません。それは通常、新年の初めに出て来ます。原則として、全仏オープンは約2週間実行され、昼の試合と夜の備品の両方を備えています。

全仏オープンオッズ2021

全仏オープンが近づくまで、このトーナメントで利用可能な唯一のベッティング市場は、男女シングルスのイベントの完全な勝者です。予想通り、ラファエル・ナダルは男子シングルス王座のベッティングを支配し、シモナ・ハレプは女子シングルス選手権のベッティングのトップに立っています。

レディース全仏オープン2020あからさまなベッティング

シモナ・ハレプ $6.50
アシュリー・バーティ $10
セリーナ・ウィリアムズ $10
ビアンカ・アンドレスク $11
キキ・ベルテンス $11
ガルバイン・ムグルサ $15
大坂なおみ $15
スローン・スティーブンス $15
エリナ・スビトリーナ $17
カロリーナ・プリスコワ
アマンダ・アニシモワ $21

男子全仏オープン2020あからさまなベッティング

ラファエル・ナダル $1.83
ノバク・ジョコビッチ $4
ドミニク・ティエム $4.50
アンディ・マレー $13
ステファノス・ツィツィマス $15
アレクサンダー・ズベレフ $17
ロジャー・フェデラー $21
ダニエル・メドヴェージェフ $23
カレン・ハチャノフ $41
スタン・ワウリンカ $41

おすすめコンテンツ: 全仏オープン先物予測

イベントが長い道のりであるときにベットをうまく配置するのは難しいかもしれませんが、1つを釘付けにすると、多くの場合、本当に大きなオッズを得て大きな利益を上げることができます。私たちの全仏オープンボフィンは、市場を精査し、世界ギャンブルリストの読者のためのいくつかのジューシーな誘惑を見つけました:

ナダルは本当に勝てるの?

ラファエル・ナダルは彼の前に誰もいないような全仏オープンを支配しており、2020年に彼に賭けるには勇敢な人が必要です。これは$2以下の現在の見積もりは、この時期には短すぎると言いました- 何かが起こる可能性があります。彼は若くならないし、肉体的なプレーをしている。

コロナウイルスの遅延は2020年の全仏オープンにどのような影響を与えますか?

2020年の全仏オープンは、世界的なコロナウイルス大流行のために、9月20日のスタートに押し戻されました。これは全米オープンの終了からわずか1週間後で、ハードコートシーズンの途中でクレーコートトーナメントに選手を送ります。このスケジュールの変更は、特にラファエル・ナダルが老化した膝の上で両方のトーナメントを連続してプレーしようとする場合、ベッティング権を開く可能性があります。

全仏オープンで優勝するためのベストロングショット

オーストラリア人の数人は、私たちのロングショットが2020年の全仏オープンで優勝することを望んでおり、一方はあなたの目を転がしますが、もう一方はオーストラリアの夏に良いプレーをし、別のレベルに上がっているように見えます。第一に、レイトン・ヒューイットのプロテジェ・アレックス・ド・ミノールは全仏オープンで優勝するために$81を支払っており、クレーで勝つためのすべてのツールを持っているように見えます:彼は速く、フィットし、最も過酷な表面に距離を行くためにグリットを持っています。ニック・キルギオスも81ドルを支払っていますが、私たちにとって全仏オープンは少し多いかもしれないと思います。もう一つは、コーチングの変更後の世界No.20グリゴール・ディミトロフです。粘土に関する彼の最近のフォームはひどいですが、コーチングの変更は彼の最高の形に戻って彼を引き起こす可能性があります。

全仏オープン2020のトップベッティングサイト

The トップテニスベッティングサイト 前の版が終わった瞬間から、全仏オープンで利用可能な詳細な市場があります。ほぼすべてのオンラインベッティングサイトは全仏オープンで利用可能なオッズを持っていますが、小さなカジノスポーツブックの多くはヘッドオッズにしか向かっていませんが、先物の勝者ベッティングはありません。

The 最高のオンライン賭博サイト 全仏オープンは、あなたが世界のどこにいるかによって異なります。以下の国のスポーツベッティングサイトへの詳細なガイドがあります。

全仏オープンベットタイプはオンラインで入手可能

原則として、先物賭博市場として利用可能な次の賭けのオッズを見つけるでしょう:

  • 男子シングルスチャンピオン
  • 女子シングルスチャンピオン
  • 男子ダブルスチャンピオン
  • 女子ダブルスチャンピオン
  • 混合ダブルスチャンピオン

上記のベッティング市場はほぼ一年中利用可能ですが、真っ向勝負などのより具体的な市場は、スケジュールが確定するまでリリースされません。以下のベッティング市場はすべて、リードアップと全仏オープンの間に一般的に見られる:

  • 頭のオッズに向かう: これは単に1人のプレイヤーを別のプレイヤーに対してピットします。例えば、両方のプレイヤーは、ヘッドフィクスチャに頭で1.91で価格設定することができます。
  • プロップベット: 一部の全仏オープンベッティングサイトでは、プロップベッティング市場が非常に早く上がり、他のサイトには何もありません。プロップベットには、審判が男子決勝にどの色のシャツを着ているか、誰が最もエースに仕えるかなどが含まれます。
  • ベットを設定します。 これにより、セットスコアがどうなるかに賭けられます。全仏オープンのベットに価値を追加する素晴らしい方法です。
  • ゲームベッティング: 多くの場合、テニスの試合を通して勝った合計試合のオーバー/アンダー市場があります。これは、個人のパフォーマンスのオーバー/アンダーである可能性もあります。

これは、人々が全仏オープンに置く主要なベットタイプの非常に短いあらすじであり、テニス、特にグランドスラムで利用可能な賭けの多くの異なる種類があります。

全仏オープンに賭けるための5つの戦略のヒント

ウィンドウの外にハードコートやグラスコートフォームを投げる: クレーコートのスペシャリストではないにもかかわらず、トッププレーヤーが全仏オープンに深く押し込むケースもありますが、トーナメントはヨーロッパ人やクレーコートのスペシャリストによって支配されています。

フィットネスは全仏オープンで大規模です: 粘土で遊ぶことは、パリの太陽を焼く下で、心と体の両方のために厳しいです。プレイヤーが全仏オープンで早い段階で働いている場合は、ほぼ確実に第2週に深く押し込むラインを支配することができます。

常にラファエル・ナダルに賭ける: ナダルは2020年の全仏オープンで34歳になる予定かもしれないが、彼はまだ間違いなく世界最高のクレーコートだ。ナダルは2005年以来、2009年、2016年、2017年のタイトルを除いて、驚異的な12回の全仏オープンを獲得しています。

次のラファエル・ナダルを見つけてみてください: ナダルがもう一度あるかどうかは分かりませんが、2020年の男子全仏オープン優勝に価値があるところです。誰かがラファを捨てることができますか?私たちは確信していませんが、いくつかの魅力的なオッズがあります。

粘土体験は非常に重要です。 私たちはそれを何度も何度も見てきました。プレイヤーが若く、粘土の経験が浅いとき、彼らは苦労します。例えば、多くのアメリカの選手やオーストラリアの選手は、ハードコートやグラスコートで独占的にプレーして育ち、これらの選手は新しい表面に適応するためにいくつかの時間を取ることができます - いくつかは決してしません。しかし、若いオージー・アレックス・デ・ミノールなど、このルールには例外があります。

全仏オープンオナーロール

全仏オープンで最も偉大な記録を持つ選手は、男子シングルスで12回優勝しているラファエル・ナダルです。彼は2020年の全仏オープンに戻り、怪我を防ぐために戻り値として出場します。レディースシングルスはクリス・エベルト(1974-1975年、1979-1980年、1983年、1985-1986年)によって7回の記録を獲得し、モニカ・セレスは3回連続で優勝したユニークな記録を保持しています(1990-92)。

過去10人の全仏オープン男子チャンピオン、準優勝

勝者次点決勝でのスコア
2010ラファエル・ナダル (スペイン)ロビン・ソダーリング (スウェーデン)6-4, 6-2, 6-4
2011ラファエル・ナダル (スペイン)ロジャー・フェデラー (スイス)7-5, 7-6 (7-3), 5-7, 6-1
2012ラファエル・ナダル (スペイン)ノバク・ジョコビッチ (セルビア)6-4, 6-3, 2-6, 7-5
2013ラファエル・ナダル (スペイン)デビッド・フェレール (スペイン)6-3, 6-2, 6-3
2014ラファエル・ナダル (スペイン)ノバク・ジョコビッチ (セルビア)3-6, 7-5, 6-2, 6-4
2015スタン・ワウリンカ (スイス)ノバク・ジョコビッチ (セルビア)4-6, 6-4, 6-3, 6-4
2016ノバク・ジョコビッチ (セルビア)アンディ・マレー (イギリス)3-6, 6-1, 6-2, 6-4
2017ラファエル・ナダル (スペイン)スタン・ワウリンカ (スイス)6-2, 6-3, 6-1
2018ラファエル・ナダル (スペイン)ドミニク・ティエム (オーストリア)6-4, 6-3, 6-2
2020ラファエル・ナダル (スペイン)ドミニク・ティエム (オーストリア)6-3, 5-7, 6-1, 6-1

過去10度の全仏オープン女子チャンピオン、準優勝

勝者次点決勝でのスコア
2010フランチェスカ・スキアヴォーネ (イタリア)サマンサ・ストーサー (オーストラリア)6–4, 7–6 (7–2)
2011李那 (中国)フランチェスカ・スキアヴォーネ (イタリア)6–4, 7–6 (7–0)
2012マリア・シャラポワ (ロシア)サラ・エラニ (イタリア)6–3, 6–2
2013セリーナ・ウィリアムズ (アメリカ)マリア・シャラポワ (ロシア)6–4, 6–4
2014マリア・シャラポワ (ロシア)シモナ・ハレプ (ルーマニア)6–4, 6–7 (5–7), 6–4
2015セリーナ・ウィリアムズ (アメリカ)ルーシー・サファロワ (チェコ)6–3, 6–7(2–7), 6–2
2016ガルバイン・ムグルサ (スペイン)セリーナ・ウィリアムズ (アメリカ)7–5, 6–4
2017エレナ・オスタペンコ (ラトビア)シモナ・ハレプ (ルーマニア)4–6, 6–4, 6–3
2018シモナ・ハレプ (ルーマニア)スローン・スティーブンス (アメリカ)3–6, 6–4, 6–1
2020アシュリー・バーティ (オーストラリア)マーケットタ・フォンドルソワ (チェコ)6–1, 6–3